マイシグナル・スキャンのすい臓がんリスク検査

マイシグナル・スキャンは自宅でも簡単にすい臓がんのリスクを調べられる尿検査キットです。最も発見が難しいとされるすい臓がんですが、早期にリスク判定ができるバイオマーカーとしてマイクロRNAが近年注目されています。
がんリスク検査バナーPC
がんリスク検査バナーSP

すい臓がんの特徴とは?

近年増加傾向にあるすい臓がんは、がんのなかで最も発見や治療が難しいとされています。 すい臓は、胃の裏側の体の奥にあり、また、早期には自覚症状が現れないため、 診断されたときにかなり進行しているケースが多いがんです。
5年相対生存率が低い部位別がんTOP3 (2009-2011年)
[object Object]
[object Object]
01

5年生存率が8%台の難治がん

がん全体の5年生存率が64.1%であるのに対し、すい臓がんはわずか8.5%しかなく、全がんの中でもっとも低いがんとして知られています。予後が悪い要因として①早期発見が非常に困難、②進行が速く、転移を起こしやすい、③抗がん剤がなかなか効かない、等が挙げられます。
参照: 全国がん罹患モニタリング集計 2009-2011年生存率報告(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター, 2020)
独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書
臨床進行度別5年相対生存率
すい臓がんの進行具合
02

発見時で多いのはステージIV、生存率は1%台に

発見時のステージとして、最も多いのがステージⅣとされており予後が最も悪いのが特徴です。発見時に手術の適応とならないことが少なくありません。2020年のデータではすい臓がんのステージⅣの5年生存率は1.8%となっています。
参照: 国立がん研究センターがん情報サービス
[object Object]
[object Object]
03

発見が最も難しい「暗黒の臓器」すい臓がん

すい臓はお腹の奥の方にあります。胃袋の後ろにあり、十二指腸に囲まれているうえ、一部が脾臓に接しています。ほかの臓器や血管に取り囲まれているため、なかなかその状態を確認できません。また、がんになっても症状があらわれにくいので、ますます発見が遅れます。

こんな人は要注意、すい臓がんの危険因子

チェック
加齢
チェック
すい臓がんにかかった家族・親戚がいる
チェック
糖尿病と診断されたことがある
チェック
煙草を吸う、
お酒を多くたしなむ
出典:「国立がん研究センターがん情報サービス」

マイシグナル・スキャンなら、
すい臓がんのリスク検査が可能です

一年に一回、もしくは半年に一回などの検査で、今のがんリスクを調べます。尿のマイクロRNAをAIで解析する世界初の技術で、高精度に。

万一リスクが高かった場合も、何科の病院でどんな追加検査を受けたらいいか、具体的にご提案します。

ナビの3つの特徴1
600以上の医療機関に導入
されるほどの⾼い信頼性
ナビの3つの特徴2
現在のがんリスクが
がんの種類ごとにわかる
ナビの3つの特徴3
尿だけでステージ1から
がんリスクを検知

すい臓がん以外のがんのリスクも
一度に、しかも個別に検査可能です

自宅で完結!検査の流れ

検査の流れ画像
01.検査キットの購入
検査の流れ画像
02.ご自宅で採取し、送付
検査の流れ画像
01.検査キットの購入
検査の流れ画像
02.ご自宅で採取し、送付

がんは早期発見で生存率が大幅に上昇

はじめよう「マイシグナル・スキャン」でがんのリスク検査

※診断時からの5年生存率の改善。(出典:国立がん研究センター「がん情報サービス」)

  • Main Image
  • Main Image
  • Main Image

マイシグナル・スキャン(すい臓)

検査できるがんの種類
すい臓がん
*すい臓がんの検査結果のみを返却します
一回コース
39,800(税込)
*定期コースの決済方法はクレジットカード決済のみ対応しています

マイシグナル・スキャン

検査できるがんの種類
肺がん、胃がん、大腸がん、食道がん、すい臓がん、卵巣がん*、乳がん*
(*卵巣がん、乳がんは女性のみ検査対象となります)
一回コース
69,300(税込)
定期コース(年1回)
64,300(税込)
*定期コースの決済方法はクレジットカード決済のみ対応しています
  • Main Image
  • Main Image
  • Main Image

マイシグナル®
がん対策セット

マイシグナル・ナビとのセット購入がおすすめ

生まれ持った遺伝的ながんのリスクを調べる「マイシグナル・ナビ」とのセットで、より包括的ながん対策を。

がんのおよそ3割は遺伝的な要因と言われており、2つの検査を組み合わせることで、現在のがんの状態だけではなく、体質的にどのがんの種類のリスクが高いかを調べることができます。

「一生」と「今」。2つの軸で、がんリスク検査。

89,100
84,100円(税込)
検査できるがんの種類はマイシグナル・スキャンと同じ7つのがん (すい臓がん、肺がん、胃がん、大腸がん、食道がん、卵巣がん、乳がん)です。卵巣がん、乳がんは女性のみ対象となります。
※ N Engl J Med 2000; 343:78-85

すい臓がんに関するよくある質問

Q.
膵臓 (すいぞう) がんとは?
A.
すい臓がんとは、その名前のとおりすい臓にできるがんです。日本では、1年間に4万人以上がすい臓がんと診断されています。2020年には3万7677人がすい臓がんのため亡くなりました
出典: 国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」最新がん統計
Q.
膵臓 (すいぞう) がんはどんな症状が出ますか?
A.
すい臓がんには特徴的な症状がなく、特に初期の段階では症状がほとんどありません。進行してくると、すい臓の機能低下や炎症などが起こり、黄疸、お腹の張り・痛み、食欲低下、吐気や嘔吐、下痢、腰や背中の痛み、体重減少、糖尿病などの症状がみられることがあります。
出典: 国立がん研究センターがん情報サービス「膵臓がん」
Q.
膵臓 (すいぞう) がんどうやって気づくのですか?
A.
すい臓がんが見つかった人の半数(50.8%)は、気になる症状が出てはじめて病院を訪れています。そのほかには、健康診断で異常を指摘されたこと(15.9%)や集団検診後の精密検査(10.5%)が受診のきっかけになっています。また、糖尿病の悪化により受診するケースもみられます。
出典: 膵がん診療ガイドライン2019の解説
Q.
膵臓 (すいぞう) がんの原因は何ですか?
A.
すい臓がんの原因は、まだわかっていません。しかしすい臓がんのリスクとしては、喫煙、大量の飲酒、糖尿病、家族のすい臓がん、遺伝性膵炎、慢性膵炎、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)などが挙げられます。
出典: 膵がん診療ガイドライン2019の解説
Q.
膵臓 (すいぞう) がんのリスクは何歳から?
A.
すい臓がんにかかった人の割合を年齢別にみてみると、男女ともに50代から少しずつ増え始め、60代以降は加齢に伴って急激に増えていることがわかります。
出典: 国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」がん種別統計情報 膵臓
Q.
膵臓 (すいぞう) がんの生存率は?
A.
検査の後にすい臓がんと診断された人の40%がステージIVです。ステージIVでは5年生存率が1%台と非常に低くなります。ただ、すい臓がんも初期段階で見つかれば生存率もかなり上がります。例えば、腫瘍が1cm以下であれば、5年生存率は80%以上と報告されています。
出典: 院内がん登録 全国集計(2021年)
Q.
膵臓 (すいぞう) がんの治療法とは?
A.
すい臓がんの治療方法には、膵頭十二指腸切除術、膵体尾部切除術、膵全摘術のような手術、化学療法(薬物療法)、放射線療法などがあり、手術と化学療法や放射線療法を組み合わせたりすることもあります。
出典: 国立がん研究センターがん情報サービス 膵臓がん 治療

関連記事を見る

製品を選ぶ製品を選択してください
マイシグナル・スキャン
マイシグナル・スキャンイメージ
高精度なAIで、
がんリスクを早期発見
人気No1
マイシグナル・ナビ
マイシグナル・ナビイメージ
遺伝子検査で、生涯注意すべき
がん種を知る
がん対策セット
がん対策セットイメージ
スキャンとナビのお得なセット
※ マイシグナルシリーズは全検査キット共通で20歳以上の受検者を対象としています
※ 定期便ご利用時の価格になります