ホーム 矢印 ニュース 矢印

Craif最高執行責任者(COO)の水沼が、第7回「クリニカルバイオバンク学会シンポジウム」にて
miSignal®の品質・精度管理に関する取組みについて 発表を行いました

研究

2022.07.11

Craif最高執行責任者(COO)の水沼が、第7回「クリニカルバイオバンク学会シンポジウム」にて
miSignal®の品質・精度管理に関する取組みについて 発表を行いました

2022年7月8日〜10日に実施された、第7回「クリニカルバイオバンク学会シンポジウム」にCraif最高執行責任者(COO)の水沼 未雅が登壇し、「多様なバイオバンクのあり方とオンデマンド型バンキングの活用」のセッションにて「miSignal®の品質・精度管理に関する取り組み −DX化を通じたラボ運営のベストプラクティス−」に関して発表を行いました。 CraifではmiSignal®の検査提供にあたり、運営を徹底的にデジタル化・自動化した「Craif デジタル臨床検査ラボ (Craif digital CLL)」の運営を通じて、精度管理の品質および生産性向上に取り組んでいます。 Craifでは今後も、全国の医療機関との連携強化を図り、がん治療最適化に向けた新しい取り組みを広く皆様に届けることで、当社のミッションである“人々が天寿を全うする社会の実現”に挑戦してまいります。