ホーム 矢印 ニュース 矢印

がんスクリーニング検査miSignal®、更なる検査性能向上に向け、フォローアップ研究をスタート

研究

2022.05.25

がんスクリーニング検査miSignal®、更なる検査性能向上に向け、フォローアップ研究をスタート

Craif株式会社(所在地:東京都文京区、CEO:小野瀨 隆一、以下Craif)は、自社が提供するがんスクリーニング検査miSignal®の更なる検査性能向上を目指すべく、フォローアップ研究を開始いたしました。

■登録の背景
2022年2月にリリースされたmiSignal®は、がんの新たなスクリーニング検査として研究開発1), 2) され、多数の施設で導入・利用いただいております。今後、より多くの方々に受診いただき、他の検査結果とあわせて総合的に判断することで、がんを発見する可能性をより高めることができると期待されています。 本研究では、miSignal®️の受診者を対象としたフォローアップ研究を実施することで、リアルワールドにおけるmiSignal®の検査性能について推定すると共に、検査性能の更なる向上を図ります。

1) Yasui, T. et al. (2017) Unveiling massive numbers of cancer-related urinary-microRNA candidates via nanowires. Sci Adv. (2017) 3: e1701133 2) Take, S. et al., (2021) Urinary MicroRNAs as Biomarkers for Early Detection of Ovarian Cancer. European Society for Medical Oncology (ESMO) congress.