About

リモートがん検診TMとは

自宅で簡単にがんリスクを調べられる尿検査です

いつもの健康診断や人間ドックの検査に追加することで、がんの発症リスクを調べ、あなたに合った適切なアドバイスを提案します。

miSignal®︎シリーズは医療業界からも注目を集めています

名古屋大学、千葉大学など多数の大学病院と共同研究

全国47都道府県の医療機関にて導入

がんは早期発見
90%以上が助かります!
※ここでいう「助かる」とは、診断時からの5年生存率です。
出典:公益財団法人がん研究振興財団「がんの統計2021」

\ 今だけCO-OP割引実施中 /

Question

\ がんに正しく備えよう /
がんにまつわるウソ・本当

だから
毎年の定期検診の合間にリモートがん検診TMを取り入れることをおすすめしています

Point

リモートがん検診TM
5つのポイント

マイクロRNAに注目
 

長年の研究から初期のがん細胞からでも分泌されるマイクロRNAに着目。

ステージⅠがんでも検知可能!

忙しくても継続しやすい
 

尿を取るだけで完了、事前準備も不要。忙しい方でも継続できる検査にこだわりました。

事前の食事制限等は不要!

検査後に取るべきアクションが明確

どのがんのリスクが高いかの情報と共に次に受けるべき検査の提案も行います。

着実に早期発見に繋がる!

機械学習を使ったがん判定アルゴリズム

マイクロRNAデータベースと機械学習技術を組み合わせることにより、独自のがん発見プログラムを開発。

がんを高精度にリスク判定!

DX化されたラボでの解析
 

複雑な工程を伴う検査であっても大量の検体をミスなく取り扱うために、研究体制をデジタルトランスフォーメーション(DX)化。

徹底した品質管理で安心!

こんな方に選ばれています

がん家系だから、定期検診だけでは不安

周りにがんが増えてきた、少しでもがんによるリスクを減らしたい

年に何度も通院するのは難しい

“未来を守るための
新しい選択肢に”

慶應大学医学部
涌井 昌俊
准教授

がんには、様々な種類がありますが、多くのものは早く見つけることで予後を良くすることができます。
早期発見のためには適切な頻度で検診を受け続けることが大変重要です
体に負担をかけない尿検査でリスクスクリーニングを行うことは、ご自身の健康や体の状態に向き合う良いきっかけづくりとなるのではないでしょうか。
リモートがん検診TM未来を守るための新しい身近な選択肢として期待されます。

\ 今だけCO-OP割引実施中 /

Science

リモートがん検診TMのしくみ

マイクロRNAってなに?

細胞間のコミュニケーションを担う物質です。マイクロRNAを介したがん発症に関わるコミュニケーションは、通常のがん検診では発見しにくい早期の段階から行われるため、新たながん早期診断のターゲットとして業界から注目されています。

マイクロRNAは様々な疾患の発症や進行に重要な役割を果たす物質として、2000年頃から医学的に注目されていました。実際に、様々な疾患の発症とマイクロRNAの関連を示す学術論文が多く発表されております。

なんで尿なの?

尿中から採取されるマイクロRNAは、血中から採取されるマイクロRNAに比べて最も組織との相関が高いと言われています。
そのため、尿中マイクロRNAは現在の体の状態を見るのに最適な物質と言えます。

Cui, C. & Cui, Q. The relationship of human tissue microRNAs with those from body fluids. Sci. Rep. 10, 5644 (2020)

Service flow

検査の流れ

Wayforward

リモートがん検診TMを受けた後

検査結果に応じて受診後の流れが変わります。がんのリスクが検知された方には、次にどの診療科にいくべきかの情報をお返ししています。

さまざまなメディアで取り上げて頂いております

\ 今だけCO-OP割引実施中 /

Voice

お客様からの声

YAさん(40代女性)
友人が卵巣がんになったと聞き、自分も不安になり、がん検診を調べている中でリモートがん検診TMに辿り着きました。受診から結果の受領まで全て自宅で完結するので、平日は業務の都合上、通院が難しい私でも気軽に受けることができました。
TKさん(50代女性)
祖母と母ががんを患った経験があり、がん家系で心配なので毎年の健康診断に加えて、半年に一回リモートがん検診TMを受診しています。事前の食事制限がないので、大切な予定があってもストレスなく受診できるのが嬉しいです。
STさん(60代女性)
60歳を過ぎ、“健康に長生きしたい“という思いが強くなり、夫から毎年のプレゼントに検査キットを送ってもらっています。検査の結果、万一“がんの疑いあり“となった場合でも、追加検査の案内をしていただけるので安心感があります。

Q&A

よくあるご質問

この検査でがんの診断はできますか?

本検査は「がんの人と健康な人の尿中に含まれるマイクロRNAの発現パターンの違いを利用し、がん発症リスクを調べるスクリーニング検査」です。本検査は、医療行為として、がんに罹患しているかどうかの「診断」に代わるものではなく、また確定的な診断を行うものではありません。

どれくらいの頻度で受診すれば良いでしょうか?

基本的には年1回で継続的に受診いただくことをおすすめしております。

検査の結果、万一「がんの疑いあり」となった場合はどうすれば良いのでしょうか?

miSignal®︎の結果、「がんの疑いあり」となった場合でも、実際にがんであるとは限りません。「追加検査の必要あり」といわれたら早期発見のチャンスです。miSignalの結果表に、追加検査実施施設のご案内をしておりますので、案内に従って、怖がらず、必ず追加検査を受けましょう。

検査キットを購入後、いつまでに尿を送れば良いですか?

基本的には、検査キット受領後、3ヶ月以内に弊社ラボへ尿のご郵送をお願いしております。

採尿してから、尿を送るまで、どのように自宅で保管すれば良いですか?

直射日光と高温多湿を避けて、採尿当日または翌日に弊社ラボへ尿のご返送をお願いしております。